立て看板更新

スリービルボード「あほうとり」看板を「安倍内閣は許せない なぜなら・・・」に差し替えました。   事務局 8月8日

第12回例会  鄭在貞氏講演会開催


68日韓国ソウル在住のソウル市立大学名誉教授鄭在貞(チョン・ジェジョン)氏をお招きしグリーン九条の会第12回講演会が開催されました。

先生は韓国近代史、日韓関係史、歴史教育の専門家でソウル市立大学教授、学長などを歴任し東大、北大でも教鞭をとられた経験があります。現在厳しい日韓関係が続く中「日韓の一層の友好を市民レベルで―31独立運動100周年に寄せて」と題して両国関係の近現代、そして未来について流ちょうな日本語で1時間半にわたり示唆に富んだお話をいただきました。

今年は植民地下で起こった朝鮮31独立運動から100年の節目に当たります。先生は日本国憲法と独立宣言の条文を比較しながらその多くの共通点をおさえつつ宣言の当時としての先進性を明らかにしそれが伝統として今日の韓国民主化運動につながっている点を指摘しました。

危機的状況にある両国関係改善にあたって過去の困難を乗り越えてきた先輩政治家―戦争を知る世代の知恵と経験からもっと学ぶ必要性を指摘しつつ、民間レベルで何に学ぶかいくつかの具体例が示されました。

・先生も関わった両国歴史学者、教育者による両国歴史教育・教科書共同研究の取り組み

・今も存続する姉妹都市交流

・カトリック等宗教者の交流

・先生ご自身が携わったソウル市での日本人向け日韓歴史講座

・囲碁棋士、スポーツ選手の熱い交流

等々の例に今後の両国友好発展の可能性を熱く語られました。

 最後に世界的な文明学者ジャレド・ダイアモンドUCLA教授の著書からの「韓国と日本の国民は幼児期を共に過ごした双子の兄弟・・・・今後東アジアの政治的な未来は韓国と日本が長い間の絆を再発見するかどうかに左右されるだろう」という引用でお話を締めくくられたのが印象的でした。

 先生のお話は高い識見に裏付けられていると同時に何よりも日韓両国の友好発展を願う情熱とやさしさが伝わってきた感動的な1時間半であったと思います。先生の今後益々のご活躍をお祈りいたします。

 時節柄お忙しいにもかかわらず50名に近いご参加をいただきましたことに心より感謝申し上げますとともに開催に当たりご協力をいただきました医療九条の会・北海道、たかさき法律事務所九条の会、エンレイソウ九条の会、ビー・アンビシャス9条の会・北海道の皆様に心よりお礼申し上げます。
69日 事務局
グリーン九条の会 第12回講演会
鄭 在貞 
『日韓の一層の友好を市民レベルで』 
~3.1独立運動100周年に寄せて~


■2019年 6月 8日(土)14:30開演(14:00開場)
■ANAクラウンプラザホテル札幌 3階「鳳」
札幌市中央区北3条西1丁目
■参加費:1,000円(学生500円、高校生以下無料)

お問い合わせ等は、メールにてお願いします。
green9zyonokai@gmail.com

■共催:グリーン九条の会
■協賛:医療九条の会・北海道 エンレイソウ九条の会 たかさき法律事務所九条の会
ビー・アンビシャス9条の会・北海道



立て看板更新 ー「市民の風」アピール


当会設置の立て看板(スリービルボード)に市民団体「戦争をさせない市民の風・北海道」提供のアピール文が掲載されました。

屋外看板を更新しました

 スリービルボード、「あほうとり」看板を「経済の芽を摘み根を枯らす消費税10%」に12月20日差し替えました。2019年参議院選挙終了まで掲示予定です。




お知らせ:屋外看板を設置しました

読者の皆様、グリーン九条の会は10周年を迎えました。

3年間の期限を切って屋外看板スリービルボードを

設置し8月1日より供用(札幌市東区北11東2南西角)いたしました。


おしどりマコ・ケン講演会

7月21日 グリーン九条の会は発足10周年となる節目の例会に原発問題での積極的な取材と発言で注目を集めている芸人コンビのおしどりマコ・ケンさんをお招きし講演会を開催しました。

「未来のために半径5mを変えていく―原発事故取材報告」のテーマのもとテンポの良いユーモアたっぷりのかけ合いでお二人の並外れた調査・取材の範囲と量、そして積極的な発言姿勢に圧倒された1時間30分となりました。

今回の企画はひとえに日頃ご縁のあるメディア・アンビシャスさんのご尽力によるものでした。昨年おしどりマコ・ケンさんの取材活動をえがいたNNNドキュメント「お笑い芸人vs原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」(日本テレビ stv 2月6日)がメディア・アンビシャスの映像部門大賞を受賞した経緯の中で共催が実現しました。

お二人の活動は広くヨーロッパにも及びその取材と発言は日本のマスコミの現状ひいては日本の民主主義の現状に一石を投じその在り方を厳しく問うているように思えました。

お忙しい週末にもかかわらず会場には80名を超すご参加をいただき大きな確信と勇気を共有した有意義な集会となりました。

開催に当たり 医療九条の会・北海道、たかさき法律事務所九条の会、エンレイソウ九条の会、ビー・アンビシャス9条の会・北海道の皆様にご協賛をいただき宣伝から当日の運営までご援助を頂きました。心よりお礼申し上げます。 

おしどりマコ・ケンさんの今後益々のご活躍をお祈りするとともに、お忙しい中わざわざご参加いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
                                   事務局