「私の歩んでいる道 ジャーナリストとして」植村隆氏講演会

グリーン九条の会第9回例会の元朝日新聞記者植村隆講演会が620日開催されました。
当日会場(ニューオータニイン札幌)に約70名のご参加を頂き「私の歩んでいる道 ジャーナリストとして」の演題で映像も使いながら2時間にわたり植村さんの熱い思いを存分に語っていただきました。
従軍慰安婦問題報道の先駆けとなる1991年の朝日新聞記事に対し特に昨年から吹き荒れた理不尽なパッシングにこれと敢然と戦うご本人を擁護、応援する動きも今大いに高まってきています。
当会では歴史を正しくとらえ、基本的人権を守るという立場から植村さんご自身を多くの方々によく知ってもらい、さらには植村さんをとりまく問題を深く知り考えていただきたいとの思いでこの講演会を計画しました。

植村さんはまず韓国の仏像にひきつけられた高校時代から大学時代、そしてジャーナリストの道への歩みの中で韓国のことば、文化、そして韓国の人々への深い愛着に至る流れを紹介しました。
1991年の従軍慰安婦問題記事は歴史の陰に埋もらせてはならない戦争の犠牲に光を当てたもので、その後次々に他の報道機関も取り上げるようになった過去の事実、そして昨年の一部週刊誌報道から端を発したアンフェアなレッテル貼り、個人と家族、勤務大学へのパッシングとそれを煽る動きを事実の資料をもって示されました。
対しその流れに抗したご本人の断固とした姿勢を擁護、応援する市民の声、団体の広がり、最近では国内の歴史研究者団体の声明や、アメリカの日本研究者集団のメッセージへと繋がったこと等の説明がありました。
もはやこれは植村さん個人の問題ではなく正しい歴史認識、基本的人権、民主主義を守る問題として参加者一人ひとりが受け止めることができたのではないでしょうか。
植村さんは最後に参加者からのいくつかの質問にも答えたうえで、「不当な攻撃には絶対に屈しない」との力強い確固としたことばでお話を結び、参加者が多くの勇気をいただく2時間となりました。

開催にあたり今回もまた医療九条の会・北海道、たかさき法律事務所九条の会、エンレイソウ九条の会、ビー・アンビシャス9条の会・北海道に加えて植村応援隊、メディア・アンビシャスのご協力をいただくこととなりました。宣伝から当日の運営までご援助をいただき心よりお礼申し上げます。
植村さんの今後益々のご活躍を祈念するとともに、お忙しい中わざわざご参加いただきました皆様に心より感謝申し上げます。


2015624日 事務局

グリーン九条の会「戦争を起こすのも人間・戦争を止めるのも人間(品川正治氏)」ポスターを作成しました - 頒布のお知らせ


 グリーン九条の会が初めて作成した「平和呼びかけ」ポスターは、経済人故品川正治氏(1924-2013)が講演や著作などで使われていた言葉「戦争を起こすのも人間 戦争を止めるのも人間」を使用しています。名前を明記することから関係者のご了解も得て作成いたしました。九条の会活動を行っている当会としても、現日本国憲法を活かし、平和の大事さを訴えていくことは課題です。ご講演いただいたご縁から品川さんの印象的な言葉をポスターとしました。いろいろな方々にこのポスターを使っていただければ幸いです。

 5枚一組千円(税込)として販売させていただきます。ご購入希望の方は、グリーン九条の会事務局(E-mail green9zyonokai@gmail.com   〒003-0831 札幌市白石区北郷1条7丁目5-8 白鳥方)へ申し込みいただければ幸いです。

 屋内(屋外から見える形も含めて)、屋外でお使いください。ポスターはユポ紙と言う材質のもので、水にも強いものです。屋外などに貼っても雨風を気にせず使用できます。

2015年 6月
グリーン九条の会事務局

【お知らせ】 グリーン九条の会 第9回講演会 植村 隆 氏 『私の歩んでいる道』 ~ジャーナリストとして~

グリーン九条の会 第9回講演会

 講演 植村 隆 氏 『私の歩んでいる道』 ~ジャーナリストとして~


■2015年6月20日(土)13:00開演(12:30開場)
■ニューオータニイン札幌2階 (定員150名)
 札幌市中央区北2条西1丁目1-1
■参加費:1,000円(学生500円、高校生以下無料)

こちらからPDFでご覧になれます

<協賛>
エンレイソウ九条の会
たかさき法律事務所九条の会
医療九条の会・北海道
ビー・アンビシャス9条の会・北海道
メディア・アンビシャス
植村応援隊

※お問い合わせ、参加申し込みは、メールでお願いします
<連絡先>
グリーン九条の会
〒003-0831 札幌市白石区北郷1条7丁目5-8 白鳥方
E-mail : green9zyonokai@gmail.com

浅田次郎『日本の「運命」について語ろう』

 浅田次郎氏の『日本の「運命」について語ろう』(幻灯舎 2015年1月刊)を読みまし た。北海道新聞朝刊の広告で知ったからです。 

あとがきで、いくつかの講演を再整理して読みやすくしたものと知りました。最後に行きつく までそうとはわからないほどまとまったものでした。編集者もさぞ苦労したことでしょう。 

1951(昭和26)年生まれの浅田氏、たくさんの小説をエネルギッシュに発表していま す。そのなかに歴史小説があり、幕末、幕末以降の近代、中国の近代が守備範囲だそうです。 彼の小説のいくつかは読みましたが、歴史小説も含め面白いという気持ちが先立つ読者でし た。しかし登場人物のポジションや時代背景は忠実に史実をたどっていると述べていました。 私が知っていなかっただけだったようです。

初めて知ったことわかったことを含めてたくさん教えられた思いをした本となりました。まず ご本人はよく勉強されている、しかも見方とらえかたもしっかりしている。私は日本の近現代 を再勉強させられた気持ちになりました。しかも面白い。読者サービス満点の内容です。講演 を聞いた聴衆は幸せな楽しい体験をされたことでしょう。

面白く楽しく読んだのですが、読み終わって改めて感じるものがありました。著者の投げた球 を私はきちんと受け止められるのだろうかでした。さらに彼が問いかけてくれたことに、自分 は向き合えるのだろうかでした。宿題を人に与える本だったかが、私の気持ちです。

全5章の構成ですが、第1章「なぜ歴史を学ぶのか」で、文化としての国、統治システムとし ての国を区別することを言っていて、なるほどと受け止めました。他国の良いところを取り入 れていくことの提言も視野の広さからでした。

以下、私には宿題となったと考えた数節を抜き書きします。そうなのだろうかとの思いを持 ったからです。自らに問わなくてはならなくなりました。

「歴史と史実は違います。歴史とはその国の人々の共通の記憶、つまり起こった事実の捉え方 ですから、客観的な事実、史実による議論を期待するのは難しい。」(28ページ) 

「私は小説家ですから、ひとつの視点や歴史観でなくてはならぬという主張には与(くみ)し ません。魅力も感じません。しかし、日本人の国民性はよくもあしくも集団主義的ですから、 どうしても歴史にアイデンティティを求めます。 だから今の世相について、ある一定の知的レベル以上の人と議論すると、これがつまらないん ですよ。新聞かテレビで言っていた4-5パターンの受け売りで、オリジナルな考えがない。でも、以前、下町でまわりは職人だらけというサウナに入っているとき、フセイン処刑のニ ュースが流れたら、いろんなことを言うんですよ。 『気の毒になぁ。あいつだって親も子もいるだろう』 『どこの国の法律で死刑になるんだ?』 こうしたさまざまの世論が歴史でしょう。」(29ページ) 

「科学は経験の累積によって確実に進歩をとげるが、人類が科学とともに進化していると考え るのは重大な錯誤である。人間は時代とともに進歩ではなく変容し、あるいは退行しているの だという謙虚な認識をもたなければ、時代小説どころかほんの一昔前の舞台すらも、正しく描 くことはできない。 たとえば、戦争というものなどは、その重大な錯誤と認識の不足のせいで繰り返されると思わ れる。」(228ページ) 

2015年2月11日 会員UE

「基地なき沖縄を展望して」伊波洋一氏講演会

グリーン九条の会は元沖縄県宜野湾市長伊波洋一氏をお招きし第8回の講演会を開催しました。1011日会場(アスティ45ビル16F大研修室)に100名を超すご参加を得て「基地なき沖縄を展望して」のテーマで1時間半、その後30分の質疑応答で今日の沖縄めぐる問題を過去、現在、未来にわたって縦横に語っていただきました。
氏は沖縄を語るにあたってまずその歴史から始めました。琉球王国成立から270年に及ぶ戦のない平和な時代、“貿易立国”として栄えた時代は薩摩藩の武力侵攻によって中国王朝と徳川幕府への両属の時代へと移り明治新政府による日本併合そしてあの第2次世界大戦での地上戦の悲劇に繋がってゆきました。敗戦後の米占領から今に続く米軍基地集中の現状、この歴史の流れをおさえることこそ沖縄と沖縄の人々を理解する上で重要と指摘します。
いまだ止むことのない米兵犯罪、市民生活と同居する米軍飛行場と軍事演習、自国の安全基準を日本と沖縄には適用しない米軍と違法実態を見て見ぬふりの日本政府。最近のオスプレイ配備直後の安全基準反故事例が象徴的に示すとおり、まさに日米安保体制の矛盾と犠牲を沖縄に押し付けられ続けているのが実態であると述べます。講演テーマのポイントの一つでもある今後の沖縄経済発展については基地撤去してこそ展望が開けることをわかりやすい具体的計画例と数字をあげて展開、政府の振りかざす尖閣問題等中国脅威論でも軍事緊張を高める方向ではなくあくまでも平和的話し合いと経済交流でこそ両国の国益に繋がると指摘しました。
参加者との質疑では間近に迫った知事選の状況についての質問に保革共同へ至る経緯と今後の課題、ご自身の思いと決意を丁寧に語っていただきました。
映像を使っての2時間は沖縄を裏切り続けてきた歴代日本政府と、結果としてそれを許してきたわれわれ国民に突きつけられた責任を痛感した2時間でもありました。
開催にあたり今回医療九条の会・北海道、たかさき法律事務所九条の会、エンレイソウ九条の会に加えてビー・アンビシャス9条の会のご協力をいただくこととなりました。宣伝から当日の運営までご援助をいただきました。心よりお礼申し上げます。
伊波氏の今後益々のご活躍を祈念するとともに、お忙しい中わざわざご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます

20141015日事務局

グリーン九条の会 第8回例会 講演:伊波洋一氏 『基地なき沖縄を展望して』の開催が決まりました

グリーン九条の会 第8回例会

 講演 伊波洋一氏 『基地なき沖縄を展望して』


■2014年10月11日土14:00開演(13:30開場)
■アスティ45ビル16階 大研修室
 札幌市中央区北4条西5丁目
■参加費:1,000円
グリーン九条の会 第8回 講演会『伊波洋一氏-基地なき沖縄を展望して』チラシ
グリーン九条の会 第8回 講演会『伊波洋一氏-基地なき沖縄を展望して』チラシ ※拡大してご覧になれます


<協賛>
医療九条の会・北海道
たかさき法律事務所九条の会
エンレイソウ九条の会
ビー・アンビシャス九条の会・北海道



※お問い合わせ、参加申し込みは、メールでお願いします
<連絡先>
グリーン九条の会
〒003-0831 札幌市白石区北郷1条7丁目5-8 白鳥方
E-mail : green9zyonokai@gmail.com